VARIER

「バランスチェア」は1970 年代の終わりに発表されました。

その後、ノルウェーのストッケ社がさまざまな用途にあわせ、健康に良い椅子の開発を進めてきました。2007 年にストッケ社のコレクションのうち、ムーブメント系の椅子「バランスチェア」を専門に製作する会社が設立されました。工場は同じ場所にありますが、社名はヴァリエール社と名付けられました。この言葉は変化を意味し、椅子に座っている間の変化や移動の可能性を意味します。「バランスチェア」は市場に出てから30 年の間に、世界のほとんどの国で知られるようになりました。

マルチバランスチェアーに座ることにより、自然に脊椎を健康なS 字型に保つ姿勢になります。背筋を伸ばし、胸部が広がることで、呼吸量が増し、体内の血液循環が良くなります。その結果、思考力と集中力を増すことができます。特に長時間椅子に座って勉強する子供、若い学生たちにとっては正しい体の成長を促し、思考力を活性化する非常に有益な椅子です。